god「Wind/바람/風」

GOD,Wind,바람,風,歌詞,和訳,지오디,ジーオーディー
2014年11月06日

GODの「Wind」、「바람(バラム)」は「風」という意味です。9年ぶりの復活を遂げましたね。メンバー「ユン・ゲサン」の脱退から活動休止を経て、また5人揃って再度活動をはじめたので嬉しいです♪


마주친 걸까

読み方[マジュチンゴカ]

god「Wind/바람/風」の歌詞
チョウブト ナエゲ オンゴ
처음부터 나에게 온 걸까
ウェ マジュチンゴ
마주친 걸까

ハヌゴァ タンウロ ナヌィン ハン セサン
하늘과 땅으로 나뉜 한 세상
ウェ マジュチンゴ
마주친 걸까

「出会ったんだろう」という意味を持った마주친 걸까(マジュチンゴカ)。
原型は「마주치다(マジュチダ)」で、「出くわす、偶然会う」の意味です。
なので、直訳だと마주친 걸까は「出くわしたんだろう」になります。

表現トップへ

되고도 싶구나

読み方[ドェゴド シクナ]

god「風 / 바람 (Wind) (バラム)」の歌詞
イデロ バラミ ドェゴド シクナ
이대로 바람이 되고도 싶구나

되다 + 싶다되고 싶다
ここまではわかりますが、되고 싶다の中に登場してるはなんだ?!
直訳で「なりたいとも思う」と書きましたが、日本語的に言うと「なってもいいかな、なってもいいと思う」ですかね。

という感じで、上で「このまま風になりたいとも思う」と訳した이대로 바람이 되고도 싶구나は「このまま風になってもいいと思う」が近い表現だと思います。

表現トップへ

살아야만 했구나

意味生きなきゃだったんだね、生きるべきだったんだね
読み方[サラヤマン ヘックナ][サラヤマン ヘッグナ]

god「風 / 바람 (Wind) (バラム)」の歌詞
クロッケ ナン サラヤマンヘックナ
그렇게 난 살아야만 했구나

上の意味でも書いていますが、
살아야만 했구나=「生きなきゃだったんだね」です。

살아야 했구나で通じるんじゃないの?!と思ってしまいますよね。
살아야 했구나でも「生きなきゃだったんだね」「生きるべきだったんだね」と日本語にすると同じ意味じゃんね?!

ニュアンスとしてなぜ“”をつけるかを説明すると・・・
살다「=生きる」しか選択肢がないことを強調できます。

그렇게 살아야만 했구나「=そうやって生きなきゃだったんだね」と言ってるのを砕けて言うと「そうやって生きるしかできなかったんだな」になります。

表現トップへ

두드리고

読み方[ドゥドゥリゴ]

god「風 / 바람 (Wind) (バラム)」の歌詞
キオッソゲ ナ ドゥドゥリゴ
기억 속에 날 두드리고

原型:두드리다 は、「たたく、打つ」の意味です。
god「Wind/바람/風」の歌詞だと、날 두드리고となっていますが、直訳だと「私を叩いて、私を打って」となんだか暴力的な意味に聞こえてしまうので、ニュアンス重視で言うと「私をノックして」になります。

表現トップへ

다시

韓国語・ハングル「다시」の意味・活用・読み方に移動しました。

表現トップへ


にほんブログ村 音楽ブログ 歌詞・フレーズへ にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 外国語ブログへ